FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さすがTBSwwww

ケント・ギルバート

2015-09-22 20:20:40
さすがはTBS!見事な編集でした (No English Available)
テーマ:最近の出来事

昨夜放送されたTBSテレビ「NEWS23」用に収録されたインタビューで、私が話したことの要約を載せておきます。実はこれ、9月13日発行のまぐまぐ有料メルマガに載せた記事の一部です。

メルマガ記事の全文を載せない理由は、そこには特定の人物の批評が書いてあるので、不特定多数に拡散させたくないからです。鋭い人は「今日の投稿はステマを兼ねているな」と気付いたと思いますが、その通りです!

まあ、有料メルマガは本当に興味のある人だけ購読して下さい。スパイに情報を提供するのは本意ではありません。(^^)
http://www.mag2.com/m/0001655307.html


ちなみに、TBSのインタビューの撮影は30分ほど行われましたが、本番で使われたのは一番最後の質問に対して答えた部分の中の、約50秒間でした。


「さすがはTBS、見事な編集だな~!」と、久しぶりに感服しました。他にもいろいろ言ったんですよ。だって30分も話したんだから。


あの50秒のOAを見て「ケントは頭がおかしい」と反射的にツイートする人たちの、テレビを通じた印象操作のされっぷりが見事すぎるので、あえて裏情報の一部を一般公開します。

質問1、今、なぜ安保法案整備が必要なのか

中華人民共和国の軍事的脅威が強まっているから。当初、安倍首相はなかなかその事を口にしなかったが、誰の目にも明らかなのだから、はっきり言えば良いと思う。日本人は変化することを恐れ過ぎて、何も対処しないことのデメリットに目を向けない。じっとしていたら、中国の脅威はもっと強まる。日本の抑止力を高める必要がある。今回の安保法案はそのために必要。すぐには無理だが、いずれ日米両国は対等な関係になるべき。


質問2、安保法案の「違憲論」について

日本国憲法全体の趣旨や、国連憲章などの国際法に照らして考えれば、日本政府には日本国民の平和と安全、生命と財産を守る義務があることは明らか。政府がこの義務を果たすために必要な法律を制定するとき、それが憲法第9条の条文に違反するというのであれば、憲法第9条こそが憲法違反である。憲法解釈とは、たった一つの条文の文言に拘泥するべきではない。もし9条の文言を制定時の趣旨どおり忠実に解釈しなければならないのであれば、自衛隊の存在すら違憲になる。時代の要請に合わせて憲法の文言の解釈を変えるのは当然。
※「憲法9条こそが憲法違反」という私の主張は、少し突飛過ぎるかも知れないと思ったのですが、調べてみたら、私がそう考えるより以前に、冷静で客観的な主張をされる軍事アナリストの小川和久氏が、同じことを言っていたと知って、嬉しくなりました。
https://www.facebook.com/kazuhisa.ogawa.5/posts/874850649258099


質問3、国会前の学生デモについて

若い人が政治に関心を持ち、自ら声を上げることは良い事だと思うが、彼らはあまりにも勉強不足。日本共産党が言い始めた「戦争法案」などという嘘の言葉に踊らされている時点で、勉強が足りないことは明らか。本人たちは勉強したつもりかも知れないが、安保法制反対派の意見だけを勉強したのではないか。冷静に両方の意見を勉強した上で、自分でよく考えた上での行動だとは思えない。中核派なども紛れ込んでいる。将来振り返ったら、恥ずかしい記憶になるだろう。


質問4、安倍首相の「強引な」政治手法について

強いリーダーシップを持つ人がいなければ、政治は何も決まらず、前に進まない。自民党は結党当初から憲法9条の改正が悲願なのだし、安倍首相自身はずいぶん前から集団的自衛権行使の容認を目指していた。民主党政権への政権交代の後、2回の衆議院総選挙が行われたが、2回とも自民・公明の与党で3分の2の議席を得ているのだから、安倍政権が国民の信任を得ていることは明らか。選挙こそが民主主義国家の方向を決定付ける唯一の手段であって、仮に数万人規模のデモで国政が惑わされるのだとしたら、その国は民主主義国家とは呼べない。最も尊重すべき民意とは選挙結果のこと。今、民主党などの野党がやってることは、負け犬の遠吠え。


質問5、アメリカの戦争に巻き込まれるという議論について

自衛隊が中東で戦闘を行う必要は基本的にない。今回の法案が通過しても、あくまでも「自衛権」の行使範囲が広がるだけなのだから、中東情勢が日本の安全保障を脅かさないと日本政府が判断するのであれば、アメリカから派遣要請があっても断ればいい。今はむしろ、脅威となっているのは中国や北朝鮮なのだから、日本や韓国の戦争にアメリカが巻き込まれる可能性が高まっている。日本はいずれ、アジア地域の他国とも協力しあって、アジア地域におけるNATOのような、安全保障ネットワークを構築すべき。日本人はもっと自国の危うさを認識するべき。沖縄は本当に危ない。
______________________________
編集って凄いでしょ?(笑)

http://ameblo.jp/workingkent/entry-12076051696.html

********************************************************


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。