FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュンク堂へはもう行かね!

丸善ジュンク堂「一緒に闘って」政治的偏向ツイート 渋谷店、批判浴びフェア中断
2015.10.24 07:59

 丸善ジュンク堂書店(東京都中央区)の「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」(渋谷区)が開催していた販売促進フェア「自由と民主主義のための必読書50」が、政治的に偏っているとの批判を受け、フェアを中断していたことが23日、分かった。選書の見直しをして再開するという。

 フェアは9月20日から、安全保障関連法に反対する若者団体「SEALDs(シールズ)」の関連本などをレジ前に集めて開催。今月19日になって従業員とみられる人物が「ジュンク堂渋谷非公式」を名乗り、ツイッター上で「夏の参院選まではうちも闘うと決めました」「一緒に闘ってください」と発言したことなどをきっかけに、このフェアが偏向していると批判が出ていた。

 同書店は公式サイトに掲載した22日付の文章で、一連のツイートが従業員の私的な見解であり「弊社の公式な意思・見解とは異なる」「本来のフェアタイトルの趣旨にそぐわない選書内容であった」などと説明、発言の経緯を調査するとしている。

http://www.sankei.com/premium/news/151024/prm1510240022-n1.html


レジど真ん前にて「自由と民主主義のための必読書50」を展開しております! 精鋭4名が選書し、期待の若手デザイナーが看板を作成した自信作です! 書店が提供できる最高レベルのフェアになったと自負しております。遊びに来て下さい!
ジュンク堂渋谷非公式 (@LibraryUnited) 2015, 10月 18

@osonodoyo はい!闘います。うちには闘うメンツが揃っています。書店としてできることをやります!一緒に闘ってください。
— ジュンク堂渋谷非公式 (@LibraryUnited) 2015, 10月 18

@n_o_u_e そうなんですけど、いやいや、この先イベントやフェアを次々ぶちかまして行く予定なので。年明けからは、選挙キャンペーンをやります! 夏の参院選まではうちも闘うと決めましたので!
ジュンク堂渋谷非公式 (@LibraryUnited) 2015, 10月 18
_____________________________________________________________________________________________

Satoshi Kuzuu ?@plan_sequence
この際だから告白しますが、池袋ジュンク堂の「民主主義を取り返せ!」フェアは
微力ながら私が企画・選書を担当させてもらいました(SEALDsのパンフを置くアイデアも
含め)。フェアは国会閉会まで続く予定ですので皆さん是非足をお運び下さい。

Satoshi Kuzuu ?@plan_sequence 8月30日
この企画は妻がベテラン書店員だから実現したもので、SEALDsとの交渉も全て彼女に
やってもらいました。夫婦で国会前デモに参加したことがそもそものきっかけです。
250部ものパンフを送料自腹で寄付してくれたSEALDsの皆さんには深く感謝します。
全国の書店にも広がって行きますように。

Satoshi Kuzuu ?@plan_sequence 8月31日
ご参考までに「民主主義を取り返せ!」フェアの選書リストを挙げておきます。
リストにはありませんが、岩波新書の坂井豊貴「多数決を疑う」と中野晃一
「右傾化する日本政治」の二冊を後から追加しました。

愛のカナリヤ?episode Ⅱ? ?@kanariyAX84 8月31日
@plan_sequence パンフを作るお金に送料代。果たしてその資金はどこから
出てきているのでしょう。

Satoshi Kuzuu ?@plan_sequence 9月25日
@kanariyAX84 ネトウヨ寝てろよ。

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:s6ijaoIW54oJ:https://twitter.com/plan_sequence/status/638131696685023233+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp
http://hosyusokuhou.jp/archives/45801380.html

___________________________________________________________________

企業が政治的な思想をもって会社を運営するのは全然かまわないと思う。

表現の自由があるし、職業の自由もあるし、民主主義l国家だし。

書店がどうやって本を売ろうとするのかは企業努力なんで、消費者が口を出す権利ないし。

ただ、「もう二度と利用しない、梅田で本を買う時は紀伊国屋にしよう」と思う消費者がいることも考えないとね。

少なくとも俺はもう二度とジュンク堂で本を買うつもりはない。

ジュンク堂、きれいで好きだったけど、非常に残念です・・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。